睡眠 アンチエイジング

良質な睡眠が、アンチエイジングの基本

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は、通称『若返りホルモン』って言われるほど、
アンチエイジングに欠かせないホルモンのひとつなんだって。

 

この成長ホルモン、身体の代謝を促進する(すなわち古い細胞と新しい細胞を入れ替える)
働きがあって、これが若々しい肌はもちろん、骨や筋肉を保ち続けることにつながるんだとか。
ちなみに成長ホルモンは寝はじめから3時間以内に多く分泌されるんだけど、
眠りの質が良いほど分泌がピークに達した時の分量が多くなるんだって。

 

それから眠っている間には、もうひとつ「メラトニン」ってゆうホルモンも分泌されていて、
これが細胞の老化を防いでくれたり、免疫力・抗酸化力を高めてくれたりするらしい。

 

この2つのホルモンをたっぷり摂取するためにも良質な睡眠は大切だたけど、実はその他にも
理由があるみたいだよ。

 

例えば睡眠不足になると、肌のハリやツヤに欠かせない「エストロゲン」ってゆう女性ホルモンが
減ってしまうし、逆に食欲を高める「グレリン」ってゆうホルモンは多く分泌されて、これが
食べ過ぎの原因になり美容状態に悪影響を及ぼす可能性もあるとか。

 

以前からたっぷり眠った翌日は化粧のノリが違うってなんとなく感じてたけど、
やっぱり睡眠と美容は密接に関係しているのね〜。